Multiprocessing Operating

あなたのブログで誹謗中傷されないようにするイチオシ方法

ブログのコメント欄を非表示に!

皆さんの多くはブログを書くと思います。そんな日常で「炎上」という言葉を聞かれた方も多いのではないでしょうか。インターネット上であるのに燃えるというのも不思議な感じですが、れっきとした社会の場であるので、時に議論や中傷の戦場と化すこともあるというわけですね。そんなとき、ブログのコメントを受け付けないようにすれば、無駄なやり取りを防ぐことができて、安心して記事を書くことができます。それは決して人を無視するということではないんですよ。

ブログは発信するための場

コメント欄非表示が誹謗中傷対策である主な理由は、ブログは自分の意見やニュースを発信するための場であるということです。誰もが自由に意見を言う権利がありますね。しかも、中傷的なコメントはいたずらの延長線上として犯罪の意識なく不特定多数の者の一人を装って行われるのが実情なため、正当な意見は稀だと言えましょう。そんな発言には従わずに、アクセス解析やほかのブログなどの意見や主張を参考にして、どんどん自分の発言の根拠を普遍的にしていく「リンキング」と言えるプロセスを辿ることで、おかしな主張にならず「中傷される筋合いはない」という自信をつけることができるんですね。

さしさわりのない記事にさりげなくコメント欄を

いたずら対策にコメント欄を乗せないとしても、やはり他者の意見は気になるところ。そういったときは、炎上とは無縁な場所に意見の募集をかけましょう。@の前後を暗号化してスパム収拾されないようにしたメールリンクを張る、意見を募集している別の自ブログのリンクを張る、承認制のコメント欄を一部に貼る、貰った意見や要望を取り入れて新たに議論をした記事を載せるなど、冷静に自分の主張をすることができる「安全運転義務」と例えられる心のスペースを確保することで、余計な誹謗中傷や炎上と縁のない楽しいブログライフをぜひとも送ってくださいね!

誹謗中傷対策は早めにするべきです。でたらめが拡散してしまったりしたら一大事です。早めの対策が大事です。