Multiprocessing Operating

制作担当者は要注意!よくあるweb制作上のトラブル

web制作中の文字コードの設定ミスには注意

多くの人たちに閲覧してもらえるwebサイトの制作を行うには、web制作中に起こりうるミスをできるだけ避けたほうが賢明でしょう。web制作上の問題として文字コードのトラブルが挙げられます。webサイトを開いて意味不明の文字が表示されるようであれば、それは文字コードの指定が誤っている可能性が高いです。web制作中にタイプミスなどで誤った文字コードの設定を行うケースもあるため、念のためのチェックが欠かせません。

リンク切れの問題を避けるためチェックが大切

web制作で見落としがちのミスとして、リンク切れが挙げられるでしょう。webサイトのページ間の移動はリンクによって行われます。しかしアドレスの指定が誤っていると、意図しているページへの移動ができません。web制作を行ったなら、各ページに設置されたリンクに誤りはないかどうか一通りはチェックした方が無難ですね。また外部のwebサイトへのリンクが何らかの事情により切れる可能性もあるため、定期的にチェックした方が安心でしょう。

webページの詰め込み過ぎは禁物

web制作の初心者で起こしてしまいがちなミスは、一つのページに多くの要素を盛り込んでしまう事です。特にトップページには見栄えを良くするため、画像やムービ、その他のリッチコンテンツを詰め込みがちです。しかしページ内に多量のデータが掲載されていると、閲覧までに時間が掛かります。webサイトを閲覧している端末への負担にもなるため、必要最小限の情報量に抑えた方が賢明です。webサイトの構成を工夫すれば、上手に情報の分散が可能になります。

自分のwebページを立ち上げたいと思った時に役に立つのがweb制作ソフトです。予備知識がなくても簡単に作成できます。