Multiprocessing Operating

デザイナーは頭に叩き込もう!心理的効果のあるポスターのデザインとは?

文字はよく利用される分かりやすい単語で

デザイナーの中には、奇抜な姿を表現したく、あまり利用されない様な単語を扱いたくなる事もありますよね。人は、普段の生活の中で、必要な情報と不必要な情報を取捨選択しながら生活を送っているのです。あまり利用されていない様な単語は、瞬時に不必要な情報として判断されてしまいかねません。英文字などは、カッコイイ姿として表現する事は出来ますが、そもそもその単語の意味を知らない人は理解する事が出来ませんよね。ポスターのデザインを考える場合は、ターゲットが持ち合わせている記憶に頼りながら考える事も大切ですよ。

伝えたい主語を大きく明確化

ポスターの中には、美しいや美味しいなどの表現を大きく扱っている事もありますよね。その様なポスターに限って、何が?が伝わらない事もよくある姿です。ポスターをデザインする側は、既に目的を持ち合わせているため、既に記憶が入っている事になりますよね。全く記憶にない人との見方に大きな違いが現れて来る事もありますよ。これは、実際に利用する依頼者も同じ事が言えまして、全く記憶を持ち合わせていない第三者の意見を参考に取り入れる事も大切です。

文字よりもデザインを重視して

ポスターのデザインにおける文字は、左脳で理解をすると言われています。イメージとしてのデザインは、右脳で理解すると言われていますよ。左脳は、直列処理と言われ、一つ一つ順序よく理解しながら処理をして行く能力を持ち合わせているのです。右脳は、並列処理だと言われ、瞬時にイメージを把握する事に長けていますよ。この様な違いから、多くの人々は、イメージを先に確認をしてから、文字に意識を持ち合わせる事がほとんどなのです。つまり、デザインに興味を持ち合わせる事がなければ、文字を見てもらえない可能性が高まってしまいますよね。ポスターのデザインは、文字も大切ですが、イメージとしてのデザインを重視する事が基本ですよ。

近年は無駄なコストを極限までそぎ落とした激安コピー印刷サービスが人気です。ですが、印刷業者によっては品質に難があるため、十分な比較検討が大切です。