Multiprocessing Operating

中途社員を受け入れるためには準備が必要です

中途採用者のための準備

定期採用と違い中途採用は、すでに社会に出て経験を積んでいるため、「出来るだろう」「分かっているはず」という思い込みがあります。突然辞表が出された後釜にということで、同じ職務経験のある人材募集を行うので、このような錯覚を生んでしまいます。例えば、経理マンの採用と言っても、業種が違えば決算方法は違いますし、決済の手順は会社によって全く変わります。採用のための準備として、日々の流れや一月・一年間の業務内容などを説明できる資料として整理しておくことです。

能力の把握と欠落の教育

中途採用者の能力を入社後に確認しておかなければなりません。本人は「出来ます」と言っても、前の職場で出来たことで、当社で出来るとは限りません。「出来る」という評価は自社のレベルに合わせて再評価しておくことです。そのための判定者を決めなければなりません。例えば、業界における知識、職務における業務経験のレベルなどです。特に、知識については社内におけるコミュニケーションに支障をきたしてしまいます。3ヶ月ほど経過した段階で、会話でも良いので試験をしてみることです。

社内特殊用語を単語集としてまとめること

会社には他では通用しない独自の言葉があります。この言葉は勤めが長くなると当たり前となり、社員同士では何の支障もなく会話が成り立っているのです。ところが、他社から中途で入社してくると、全く意味が分からないものや、内容を取り違えてしまうことがあります。特に、取り扱う製品・商品の単位などは、明確に教えておかなければ大きな損出となります。折角採用しても、落ち込んで辞められては困ります。会社の言葉や単語集としてまとめておくことです。

社員研修では人材育成をしているので会社の変革のために努力をしています。管理職の育成にも全力を注いでいるので将来性があります。