Multiprocessing Operating

これだけは抑えておきたい!ウェブ制作外注における3つのポイント

基本コンセプトをはっきりさせておこう

技術力や時間不足などが原因で個人や法人がウェブ制作を外注するケースは多いですが、その際は戦略マップとも言える基本コンセプトをしっかりと抑えておくことが大切です。この部分を曖昧にしたまま外注したとしても、制作側も困ってしまいますし、結果として何を訴えたいのか分からないウェブサイトになってしまうことでしょう。基本コンセプトとして挙げられるのは、対象としたい顧客層、訴えたい事柄や理念などです。何においても戦略策定は重要なことなので、十分に練り込むことが求められます。

デザインセンスを見極めよう

ウェブ制作業者を見極める上で大切なことのひとつが、そのデザインセンスです。業者のなかにはデザイン部分を丸投げしているところがあり、そういう業者に外注してしまうと、打ち合わせの際に意思疎通が上手くいかずに妥協を余儀なくされることでしょう。余分なコストも発生するので、費用のわりに中途半端なデザインになることも多々あります。過去の実績を調べてみることは、簡単なチェック方法のひとつです。似通ったウェブばかり作っているような業者は避けた方が良いでしょう。自社ウェブサイトの独自性を打ち出せず、十分な費用対効果を得られないからです。

更新の仕様やサポート態勢をチェックしよう

素晴らしいウェブサイトを制作してくれる業者であっても、更新の簡便性に気を配っていなければ失格と言わざるを得ません。たとえば記事や画像の追加などを、簡単に行いやすいかどうかは重要なポイントです。たとえばフリーソフトを使っている業者だと、更新しづらいサイトが出来上がってしまう可能性があるので、その点についての確認が欠かせません。サポート態勢が充実しているかどうかの確認も大切です。この点に関してお茶を濁すような業者だと、後々不必要なコストを強いられることになるでしょう。

コーディングとはコーダーと言われる職種がコードを入力してWEBサイトのプログラムなどの製作を行う事です。